NZはバスケ大国!?


スティーブン・アダムズ(Steven Funaki Adams)

NZ出身のNBA選手。13歳の頃からバスケットボールを始め、16歳で国内リーグでデビュー。高校大学に通いながらプロ選手として活躍し、2011年には国内リーグのウェリントン・セインツで優勝を経験した。その後アダムズは、知人の紹介で渡米し、ドラフトでは12位でオクラホマシティ・サンダーから指名された。


NZの世界ランキングは20位(男子/日本は38位)

 NZの国際順位は常に日本よりも高く、オーストラリアのプロリーグに参加しているためかなりレベルが高い。ニュージーランドのプロリーグもあり。州代表レベルもコンスタントに試合が行われている。
高校卒業後にアメリカに渡りプレイする選手も少なくない。


女子バスケ

ニュージーランドのバスケットボールの女子は、男子ほどのランキングではないですが、年々力をつけてきています。ジュニアから中学・高校生、大人まで幅広くプレーされています。身体の強さや個人技を駆使したプレースタイルが特徴。


女子バスケ向けの学校もチョイスしてみました。

New Zealand VS Australia v  - Highlights - FIBA Asia Cup 2021 - Qualifiers
FIBAアジアカップ2021年のための予選 ニュージーランド 対  オーストラリア
(ニュージーランド 白ユニフォーム)

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る